家庭用脱毛器の危険性と安全な使い方


≪ケノン≫

↓↓肌を労わる肌色センサー付き↓↓



家庭用脱毛器口コミ・オススメ > 家庭用脱毛器の危険性と安全な使い方

家庭用脱毛器の危険性と安全な使い方

おうちで手軽にエステと同等の脱毛効果を得られる家庭用脱毛器ですが、正しい知識なく使用すると危険をもたらすことも…

脱毛器を使う際にどんな危険性があるのかピックアップしました。

 

失明の可能性がある

脱毛器の光は黒い色素に反応して吸収されます。

ですので、光が目に入ったりするととても危険です。

脱毛器を使用する際は付属のサングラスを忘れずかけてから脱毛しましょう。

また、周りの人に光が当たると、自分だけではなく他人にも多大な迷惑をかけます。

脱毛をしている方の中には子育て中のママさんもいらっしゃるかも知れませんが、子どもや乳幼児がいる部屋ではぜったいに使用を控えましょう。

 

使用する前と後でしっかりと脱毛部分を冷やす。

光(熱)を当てて脱毛するという形なので、しっかりと冷やしてからでないと火傷の可能性もあります。

また、痛みを和らげる効果もあるので、痛いのが苦手な方もそうでない方もちゃんと冷やしてから脱毛器を使ってくださいね。

あ、終わった後も忘れずに。

 

脱毛後の日焼けは厳禁

日焼けをすることで、肌が乾燥して脱毛の際に痛い。

肌の黒い部分に反応するので、さらに痛い><。痛いことだらけ。

脱毛サロンでも日焼けは厳禁ってよく言われてますよね。

また、脱毛の効果も薄れてしまいます。

 

販売を規制する仕組みがない

いろんな脱毛器が世間に出ていますが、これらの脱毛器は何かしらの審査を通って売られているわけはないです。

まだそういった法律が整備されていないので、中には粗悪品も出回っています。

私がここで紹介しているケノンやセンスエピ等は信頼できる部類の商品ですが、実際に本人が使ってみて合う合わないもあると思うので、購入の前に口コミなどをしっかり比較してみるといいでしょう。

 

≪センスエピ≫

↓↓照射面積最大級↓↓



≪ノーノーヘア≫

↓↓直接肌に触れないサーミコン式↓↓