家庭用脱毛器の注意点―火傷をしないために


≪ケノン≫

↓↓肌を労わる肌色センサー付き↓↓



家庭用脱毛器口コミ・オススメ > 家庭用脱毛器の注意点―火傷をしないために

家庭用脱毛器の注意点―火傷をしないために

脱毛サロンやエステに通わず、自宅でお手軽に脱毛ができてしまう家庭用脱毛器。

 

ですが、やはり使い方を間違えると肌を火傷してしまったり肌荒れの原因になってしまいます。

 

ここでは、そういったトラブルが起こらないよう、注意点についてあげておきたいと思います♪

 

サングラスをかける

脱毛器のフラッシュは体の黒い部分に反応して吸収されるので、目に入ると特に危険です。

 

最悪失明する場合もあるので、サングラスをかけてしっかりと目を保護しましょう。

 

 

脱毛する前と後で肌をしっかり冷やす

しっかりと冷やすことで、フラッシュの光による火傷の可能性をなくします。

 

また、脱毛の際の痛みも和らげることが出来るので、忘れずに冷やしてくださいね。

 

濡れたタオルでも可ですが、アイスノンや、タオルに保冷剤を入れるのも手段ですよ♪

 

 

保湿もしっかりと

脱毛した部分って最初結構乾燥するんですよね。。

 

なので、脱毛後はしっかりと保湿クリームなど塗って、お肌のお手入れを!

 

 

脱毛の間隔は2週間程度あけてから

光を当てたらすぐ効果が表れるわけではありません。

 

だからと言って毎日当ててはいけません。

 

脱毛どころか、お肌を痛める原因になります。

 

毛が生え変わるタイミングに合わせて、最低でも10日は日をまたぎましょう。

 

 

使用の際は周りに人がいないところで!

先ほどのサングラスとおんなじ話になりますが、脱毛器のフラッシュは目に対して危険です。

 

それが人の目に入ってしまったら大惨事ですよね。

 

そうならないためにも、脱毛器を使用する際は周りに人がいないが充分確認してから行いましょう。

≪センスエピ≫

↓↓照射面積最大級↓↓



≪ノーノーヘア≫

↓↓直接肌に触れないサーミコン式↓↓